レヴォーグにドライブレコーダー取り付け

ドライブレコーダーを購入

年末年始でつけようと思っていたアイテム第一弾。
ドライブレコーダー。

まずはドライブレコーダー選び。
オートバックスにいくと種類がいっぱいある。
よくわからんけど、車線逸脱のアラームとかもう既にアイサイトについている機能が
付属していて、無駄に高いドライブレコーダーが多い印象。
2万〜4万くらいする。
はっきり言って、アイサイトあるのでそのような無駄機能いらないから、
シンプルに録画する機能が欲しいのですが、意外とシンプルなドライブレコーダーが見当たらず。

仕方ないので、アマゾンで以下を購入。

まず値段が安い。7000円とかもう予算余ってありがとうって感じ。
実際届いてみて、サイズの小ささに驚き。めちゃ小さい。
ただ、レヴォーグの運転席フロントガラス上部に付けた感じだと、これ以上大きいと大分邪魔。
なのである意味ベストサイズ。

microSDが別途必要なので注意。

ドライブレコーダーの取り付けはエンジンスターターの取り付けに比べたら、かなり楽だった。
時間的のも10分の1とかそんなレベル。
基本は電源とるだけですからね。

電源は運転席の右側の部分にあるダッシュボードから取得。
エーモンの以下を使用。

レヴォーグはミニ平型というヒューズの形状しています。
何Aとかっていう表記あって色々調べたが、こりゃ物理を学び直さないと、
根本は理解できねーなと思い、末端がシガーソケットの形状になっているから、
なんとか使えるだろうということで、レッツトライ。

ヒューズボックスで電源取るところはドライブレコーダーの場合ACCONでつくところでOK。
なので、コイン入れの裏に書いてあるヒューズボックス番地表みたいなやつの、
CIGARと書いてある、一番左の下から2番目のところにエーモンの先端を指す。

あとはアースは適当にとって、完了。
これでレコーダーは動きます。
レコーダーの取り付け位置は、フロントガラス上部のセンターにしたので、
配線がちょっと長い。
どうやって収納するのか調べたところ、
フロントガラスの上部とルーフのつなぎ目に隙間があるのでそこ無理やりねじ込むようです。

無事動作確認もできたので、
実際に録画してみたところ視野角が結構狭いように思います。
120度ってなっていますがこれって広いのかな?

購入してから気づいたのですが、ACCから電源とっているのですが、
電気自体は充電されているらしく、エンジンオフしている間に衝撃などがあった場合は
録画を再開するらしく、これは嬉しい機能。

まだ録画した内容をPC等で見ていないので
近々どれくらいきれいなのか見てみたいと思います。

まとめ

7000円で録画するだけの機能に特化したものをほしいという人にはいいと思います。
特にスバルの車はアイサイトがついているので。
個人的には買って良かったです。ちょっと邪魔ですが。