札幌でFRはムリポ

札幌での大雪は生命の危機を感じる

ここ数日札幌では大雪が続いております。
さらに、1月の中旬になっているので一日の最高気温、最低気温がマイナスの真冬日となっています。

ダウンを着て、フード被って歩いていても下半身もつめたく、顔も凍るような寒さを感じます。
そのような状況化で思うのが、
車の鍵開かなかったらどうしよう。
とか、
ドアが凍結していて開かなかったどうしよう。
とか
バッテリーあがっていて、出発できなかったらどうしようとか。
あとは、やっぱり、

雪でスタックしたらどうしよう。

ですね。

FR

そして、ここ2日間くらいで動けなくなっている車を見たのが、どちらもFRの車。
両方とも上り坂で動けなくなっており、
1台は、BMW。

2車線の道路で、左側車線がそのBMWのせいで通行止めなってしまっており、
大渋滞が発生。
自分がその車のそばを通りすぎるときはすでにハザードランプがついており、
JAFかなにかを待っているような感じに見えました。

もう1台はバス。
こちらは狭い2車線の上り坂でスタック。
なんと、このバスのせいで、上りの車も下りの車も通れないという事態。
運転手の焦った顔が目に浮かぶようでした。

雪国でもFR行けるよ理論

雪国でもFRって大丈夫なの?っていうのが結構気になったりすると思うのですが、
雪が降ってないときはたぶん行けるんだと思います。
雪が降っていなければ道路が見えているときも結構ありますして、それは問題ないのですが、
”雪が降ったあと”はどうしたって、FRは不利です。
走れますよ。
走れますけど、アクシデントには間違いなく合いやすいですよ?
それを許容できますか?
ってところですね。

自分は長いこと北海道に住んでいるので、北海道の凍えるような寒さは十分にわかっているので、
その部分については許容できないと判断しています。
なんといいますが、命に関わる問題かなという印象です。

ただ、FRの車にどうしても乗りたいという人も一定数はいると思うので、
がんばれば乗れるのではと思います。