レヴォーグとその他の車の違い

色々試乗はしてきた

レヴォーグを購入する前、購入した後、数多くの試乗をしてきました。
国産者、輸入車問わず。

それはレヴォーグが数多くある車の中で、どの立ち位置にいるのかを知りたく、
乗り心地や、操作性などそれがどの程度優れているのかを判断したいためでした。

レヴォーグに満足していて、絶対評価でよいのであれば、そもそも試乗なんてする必要がないのですが、
購入当初はレヴォーグのゼロ発進に不満を持っていて、それが我慢ならず、
他の車ならどうなのかというのが気になったからです。

ただ、試乗して毎回思うことは、そうかこんなもんかという感情でした。
ゼロ発進が良い車はあったように思いますが、
じゃあその先でレヴォーグの剛性感だったり、水平対向エンジンの独特の感覚と、
シンメトリカルAWDの安定感を超えるような乗り味の車に出会えたかというと、
そのような車は1台もなかったように思います。

自分の中でいつも期待していたのは、マツダの車ですが、
試乗する前が一番期待が高くて、乗ってみるとその期待を超えることはありませんでした。

mazda3も乗りましたが、mazda3でやっと、レヴォーグの乗り味に似てきたかなという感想でした。
なので、SGPを使ったレヴォーグだとおそらくレヴォーグの勝ちなのではないかというのが自分の予想です。

そもそも現行のインプレッサが相当いいので、
もし悩まれているかたがいるなら現行インプレッサと、mazda3はしっかり乗り比べた方がいいでしょうね。

マツダの車は結構乗りましたね。

・CX-5(22D。フルモデルチェンジ前)
・CX-5(22D。フルモデルチェンジ後。現行型)
・アクセラ(15S)
・アクセラ(22D)
・mazda3(18D)
・アテンザセダン(22D)
・CX-3(ディーゼル)
・CX-8(22D)
・デミオ(ディーゼル。mazda2ではない)

自分の独断と偏見で、ランキングしてみましょうか。
子育て観点とコスパもある程度加味して、
ほしい度ランキングだと以下。

1位:CX-8(22D)
2位:アクセラ(15S)
3位:mazda3(18D)
4位:CX-5(22D。フルモデルチェンジ後。現行型)
5位:CX-5(22D。フルモデルチェンジ前)
6位:アテンザセダン(22D)
7位:デミオ(ディーゼル。mazda2ではない)
8位:CX-3(ディーゼル)
9位:アクセラ(22D)

1位のCX-8は子育て観点だと、広いからやっぱり他のマツダ車に比べると、
上位にランクインしてきます。
2.2Dもストレスないですしただ、外観があまりにも先進的すぎて、
どこかのタイミングで古臭く感じてしまわないかが懸念されます。※CX-8に限った話ではないですが。。

2位のアクセラ15Sは個人趣向に走ってしまっていますが、
非力なエンジンをぶん回すことが好きな自分としてはどストライク。
エンジン音もぶおーん!って感じで楽しいです。
ただ、子育て観点だとだいぶ厳しい。

すっとんで9位アクセラ22Dはこれはですね、ディーゼル感満載なのがだいぶしんどいです。
アイドリングストップからの復帰とか耐えられたもんじゃなかった記憶があり、
あーこりゃ買えたもんじゃないなと思いました。

上位のランクのとおり、レヴォーグと比較するとなると、1位のCX-8になるのですが、
CX-8はいい車だと思いますけど、買い替えるほどのプラスポイントがあるのかというと、
正直ないなと思います。

だったら、もっと子育てに振った車とかにそもそも観点を変えて買い替えた方が、
満足感は高くなるのではと思います。

レヴォーグは100点の車ではないですが、乗れば乗るほど味が出る車なので、
飽きがこないのが一番の魅力なのかもしれません。