レヴォーグの残念なところ

写真は去年の札幌モーターショーで展示されていた、やばい車です。
※このときは車に興味なかったのでなんなのかよくわからず。

今回は毎日レヴォーグに乗っている私がレヴォーグの残念だと思っているところを列挙していきたいと思います。

残念なところ

・アクセルワークがギクシャクしがち

一番の悩みはこれ。ストップ&ゴーをしていると顕著。
同乗者が乗っていると、気を使うレベル。
0kmから30kmくらいまでが一番どうにもならない。
右折待ちとかのときも、コンパクトカーならいけそうなタイミングでもレヴォーグだとレスポンスが悪いので、
やめておこうって気になる。
1.5トンを1600ccで引っ張っているので仕方ないのかもしれないが、
どうにかならないかと日々模索している状況。
マフラーを変えるか、ブローオフバルブを社外品つけてみるか。
あとは最終奥義でECUの書き換え。。。
ECU書き換えはさすがにメーカー保証きれてからかな。。。

・小回りがきかない

思いの外小回りが効かないです。見た目以上に効かない。
なんとなく見た目はそこまで大きくなくて、むしろジャストサイズ!と思っているのですが、
実際乗ってみると小回りが効かない。。。。
駐車場はやはり気を使う。バックカメラ必須です。

・段差を越えたあとのバインバイン

カヤバ足だからなのか知らないですが、ちょっと大きめの段差を超えると、
バインバイン上下に揺れます。
この前D型の1.6GTに乗ったときは改善されていたようだったので、
C型までのレヴォーグで出がちな症状っぽい。
バインバインとなったときだけは、なんだか非常に残念な気持ちになる。

・燃費が悪い

燃費がリッター7kmとかが表示されるとやはりなんだかなーという気持ちになります。
燃費がいい車に乗りたかったわけではないですが、
7kmとかだとさすがに凹む。
ただ、最近わかってきたのが、どうもハイオクにすると燃費がちょっと伸びる。
同じような乗り方しても9kmとか10km台がでることがある。
ハイオクの方が高いけどおそらく燃費の良さでペイできそうな予感。
あと、ハイオクの方がアクセルワークもスムーズにいく。これはおそらく間違いない。
なので、ハイオクを常に入れるもありかもと思い始めた。

 

次はいいところもあげてみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください