アクセラスポーツ試乗②

アクセラスポーツ乗ってみた感想

レヴォーグオーナーの私が、アクセラスポーツに試乗してきました。

試乗してきたのは、アクセラスポーツ15S Proactive 4WD。

シート

車に乗り込んで運転席に着座、シートの位置を設定。

マツダの車はドライバー第一優先のため、シートはすごいフィットするのかと思いきや、
意外とそんなこともなく、普通。
レカロと比べるのはあれだが、レカロの方が数倍いい。レヴォーグと比較しても。

視界はスバルに比べると狭い感じがする。
だが、運転がしにくいとか、危険だなと思うほどではない。

エンジン

エンジン始動して公道に出てみる。

アクセルを踏んで見ると、特に重たいとかを感じることなく加速していく。
ただ、いわゆるリニア感を特別感じるかというと、特に。
至って普通。

さて、ベタ踏みしてみると、回転数が5000回転くらいまで軽くあがって、
”クオーン”と低音と高温をいい感じに組み合わさった音を奏でて加速していく。
また、6ATであるため、有段変速による回転数の変化により、
CVTにはない回転数の変化が気分を高ぶらせてくれる。
エンジンの音が好きな人にはやはりおすすめだと感じた次第。

加速力に関してはアクセルの踏んだ量に比例して、
加速しているような感じもあり、やはりNAはいいなーとも思った。
だが、レヴォーグの加速と比較するとやはり少し物足りないと感じる部分もある。
こればっかりは完全に好みの部分もある。
街乗りだとアクセラくらい非力な方がエンジンスペックを使い切れて楽しそうな気がする。

ハンドリング

ハンドリンクはレヴォーグに比べるとだいぶ軽い。
ライントレースもしやすい。
運転しやすく、万人におすすめできそうなハンドル操作感。
一方レヴォーグはハンドルが重たい。非力な女性だとちょっと運転がしにくいと感じる場面が多いかもしれない。
実際にうちの妻も重たいと最初は文句を言っていた。

広さ

信号待ちをしたときに後部座席を振り返ってみると、
思ったより狭かった。
後部座席と運転席シートの余裕が全然ない。
自分は170cm弱だが、それでも狭いと感じた。
人によっては必要十分という判断される場合もあるが、レヴォーグと比べるとやはり狭い。
仮にレヴォーグからアクセラに乗り換えた場合、
家族からのクレームは必至。

雑談

助手席に営業の方が乗っていたので、
「マツダの車を買うなら何がほしいですか?」と質問してみたところ
「デミオ」と返答がきた。
予想外。

なぜなのか尋ねたところ、
日本ではデミオくらいが一番ストレスがなく、
一番遊べるとのこと。

たしかにレヴォーグに乗っていると、もう少しコンパクトな車だと運転が楽だなと感じるシーンも多い。

ただ、大きい車には大きい車のメリットもあり、セカンドカーを持てれば一番いいなと思った次第です。

あともう一つ、その方が言っていたのが、

「欠点のない車はつまらない、少しくらい欠点があった方が車は面白い」

との話。

たしかに欠点のない車はいじる必要がないので、車好きとしてはつまらないのかも。

今レヴォーグはよりスポーティーにするために試行錯誤しているが、そういうのを考えている時間が意外と有意義なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください