インプレッサ試乗記

結構前ですが、インプレッサスポーツに乗ったので
そのインプレッションでも残しておこうと思います。

試乗したのは2.0i-S EyeSight 4WD 261万3600円。
レヴォーグの1.6GT EyeSigthが282万9600円。
差額はざっと20万。

新型インプレッサの一番のポイントはSGPというスバルの次世代プラットフォームが採用されていること。
レヴォーグと比較して書いていきます。

動力性能

動力性能・・・★★★★☆

まず走り出しは思い通りに加速して、車重が重くてリニアじゃないといった印象はなし。
アクセル開度を変えても必要十分に加減速してくれてとても乗りやすい。

NAなので、アクセル開度に自然に加速がついてくるのも普段レヴォーグに乗っている身からすると
急にトルクがたちがるようなこともなく非常に良いです。

ただ、レヴォーグと比較すると動力性能ではやはり劣ると言わざるを得ない。
レヴォーグを乗ったときに思ったのが、「矢のようだな」と思ったが、
インプレッサは残念ながらそこまでの加速感は感じなかった。

乗り心地

乗り心地・・・★★★★★

乗り心地はめちゃいいです。
現行のレガシィB4も何度か試乗しているのですが、
それを凌駕する乗り心地の良さでした。

平坦な道を乗っている分にはレヴォーグとそこまでの違いは感じませんでした。
むしろレヴォーグの方が上じゃね?くらいな感覚すらありましたが、
段差を越えたときの挙動が全然違っていて、
「スタン!」と収まるのが、もうびっくり。
レヴォーグと全然違うやん!と。

なので乗り心地は最高ですよ。もう文句なしの満点あげます。

居住性

居住性・・・★★★☆☆

これはレヴォーグとはほとんど変わらないかと。
特別広くもなく、狭くもないです。
必要十分。

静粛性

静粛性・・・★★★☆☆

正直なところロードノイズがうるさいとか感じることはなかったです。
おそらくレヴォーグと同じくらいの静粛性なのかな?という印象。
ただ、レヴォーグと同等と考えるとロードノイズは比較的はいってくるかなというところ。

内装質感

内装質感・・・★★★☆☆

インプレッサの質感は上位クラスのクラスを超えてしまっているという話をたまに聞くが、
自分はそうは思わない。
インプレッサはインプレッサで高級感をうまいこと演出しているとは思うが、
プラスチック感はやはり残っている。
レヴォーグもプラスチック感がないとは言えないが、全体的にシックにまとまっているし、
手に触れる部分はインプレッサよりもいいものを使っていると思う。

総評

総評・・・★★★★☆

インプレッサはトータルで見るとかなりいい車だと思う。
動力性能も十分で、取り回しに不満が出るほどのサイズではないし、
インテリアも十分満足のできる質感に仕上がっている。
エクステリアはスバルらしさが出ていて、先代インプレッサからだいぶ大人びたデザインになっていて、
周りからみてもかっこいいと思える車になっていると思う。
値段が少し高いが安全をお金で買ったと思えば安いもの。

ただ、レヴォーグと比較すると、どうしてもスポーティーさでは勝てない。
レヴォーグのターボの感覚とハンドルの感覚を知っているオーナーとしては、
スポーティーさを求めるのであれば、インプレッサではなく、やはりレヴォーグを選ぶべきだと思う。
ただ、乗り心地を優先するのであれば、インプレッサを選んだ方が後悔しないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください