レヴォーグでの右左折

右左折のしやすさ

レヴォーグは3ナンバー車ということもあり、小回りがあまり効きません。
最小回転半径は5.4m。
北海道のように比較的道路幅大きい道でもUターンなどは結構厳しい場面が多い。
Uターンはたまにしかしないとして、右左折はどうしたって多くなるので、
右左折のしやすさについて記載してみる。

まず、右折。
サイドミラーで確認して、振り向き確認をそこまでがんばらなくても、
大体車がきているかどうかの確認は可能。
また、窓も大きいので右折はしやすい部類に入ると思う。

問題は左折。

サイドミラーで確認したときは、車がきていないことを確認できていても、
車が斜め左後ろとかに絶妙に走っていたときは気づかない。
なので、巻き込み確認は目視で必須。
左折時はある程度速度落としているので、冷静に見ることができる場面も多いが、
車線変更時は結構危険。
一瞬でサイドミラーと目視の確認が必要で、前方車との距離感等も注意を払わないといけない。

また、アイサイトアドバンスドセーフティーパッケージという安全装備がついていて、
後続車がいる場合はサイドミラーにオレンジのランプがつくにようになっているのだが、
ミラー上に表示されるため、ほとんど目立たないため、左ミラーについてはほとんど役にたっていない。

新型インプレッサの場合はサイドミラーの付け根についているため、
非常に見やすくなっていて、それだったら結構役にたつのではと思う。

まとめ

右折は問題なし。
左折はしやすくない。そしてアドバンスドセーフティーパッケージも約に立たない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください