レヴォーグの最低地上高と雪道

レヴォーグの最低地上高

雪が降る地域の方の悩みどころでもある、
レヴォーグの最低地上高の件。
C型までのレヴォーグの最低地上高は130mm(17inchの場合、18インチだと135mm)。
D型からは少し改善されて140mmになったはず。

130mmはオーナーの意見からすると、
たしかに低いので乗り降りはしやすくはない。

では、この車高が雪道でどのように作用するのかというと、
国道や、ちょっとした生活道路については雪が降ったあとでも、問題なく走行できる。
ハンドルを右往左往させて隆起を避けるように運転しないといけないような
シーンは今のところなし。

積雪50cmのときもあったが、その場合は駐車場を出るときに雪をかきわけざるを得ないが、
降った直後なので固まっているということもなく、
かきわけながらぐんぐん進んでいくというイメージ。
このかきわけながらというのが、どうなのかというのはその人の感じ方次第だが、
個人的には荒々しくてすごく楽しい。
スノーボーダーがふかふかの雪の上をばっふぁばっふぁしながら、滑っているのを楽しんでいるのと
同じ感覚だと思う。(スノーボーダーではないからわからない)

ただ、1回心配になったシーンがあって、
コンビニの駐車場にとめようとしたとき。
道路から駐車場にはいるときに、圧雪になった雪が盛り上がっていて、
これは入れるのか?バンバーいっちゃわない?
みたいなシーンがあった。
正直そういうシーンに出くわしたときって、後続車とかきていると
もうコンビニ入ることすらあきらめるか、えいやあ!っでトライするかの2択を迫られるわけ。
自分はえいやあ!したんですが、そのときは問題なかったけど、
場所によっては、諦めざるを得ない状況はあるかなという印象。

ただ、日常使いで困るシーンは限られているため、
最低地上高が低いから、レヴォーグはなしという判断は少しもったいない。
基本圧雪とか、氷の塊に出くわさない限り、問題となることはないので。

自分なんて、STIスタイルパッケージを今からつけようかと画策しているくらいなので。。。

引用元

あと、札幌でもレヴォーグはめちゃめちゃ走っています。
たぶんみんなあんまりそういうところ気にせず買っている人がほとんどだと思う。

自分が購入したときは、車を所有していなかったこともあり、
結構気になったので一応所感を書いておきました。
参考になれば。

追記

購入して3年目の冬。

レヴォーグの雪に対する性能の印象はどう変わったか。

結論から言うと、初年度から印象は変わってない。

車高が低いことで気を付けないといけないことは少しはある。

けど実際にバンパーを傷つけたとかスタックしたとか1回もない。

っというか、そもそもそういう道って大雪ふった後でもあまりなくて、
あっても基本通らない。

レヴォーグどうこうではなくて冬の生活道路がどこ行ったって2車線が1車線みたいになっていることを
知っているので、そんなところをわざわざ選んで走行しないのです。

なので、国道とかちょっと広めの道路しか走らないので車高がーとかってことがまずない。

なので、レヴォーグは札幌であれば余裕で通年乗れます。