札幌モーターショーに行ってきました

駐車場が劇的に混んでいる

本日日曜日の9時会場にあわせて行こうと思って、
8時45分くらいに駐車場近くまで行ったのですが、既に少し渋滞が発生しており、
でも、まぁ動いているから大丈夫かなと思っていたのですが、
残り5台というところで全く動かなくなり、
そのまま30分ほど経過。

どうやら、直前で駐車場が満杯になったらしく、
最悪のタイミングでの待ちとなった模様。

よくよく考えたら、9時に行った人が出てくるのなんで、数時間後だろうから、
並ぶタイミングとしては最悪だったということだった模様。

本当にいつ進むのかわからない状況で、前に並んでいた車も
しびれをきらしたのか、列を出ていく始末。
後ろに並んでいる車もどこまで列があるのかわわからないくらい並んでいました。

ただ、それでも開場から1時間も待たずに帰る人がいるようで、
10時45分には入れました。

モーターショーは2年に一回なので、かなり楽しみです。

フォルクスワーゲン

さて、中に入ってすぐにVWのブースです。
パサートヴァリアントがおいてあったのですが、
これがめちゃめちゃいい!!!
でかいけど、インテリアが最高。
天井が低いけど、シートとかの質感とか、
ダッシュボード周りなどの質感が高級で、日本車でいう、
ごまかしの高級感とは別格な感じです。
後部座席も十分な広さがあり、ファミリーカーとしては最高。
まじで、4WDで手頃な値段で出してくれたら買いたいと思いました。
※手頃な値段だったら、このレベルのインテリアは無理だと思いますけど。

ボルボ

他にも印象に残ったのは、日本カーオブザイヤーを受賞した、
XC60。

これはでかくて、外観も高級感たっぷり、がっつりしていて、
男が乗りたくなるような車になっています。
インテリアも手抜き一切なしって感じで、
これも国産ではなかなかお目にかかれない質感。
シートのガッシリ感含め、最高です。

いつもレヴォーグを乗っているせいか、
インテリアに高級感がある車がうらやましくて仕方ないです。
レヴォーグも決して質感が低いってわけではないのですが、
上記に記載した車と比べるとかなり差がある感じです。

レヴォーグ買うときはインテリアなんてどうでもいいかなと思っていたのですが、
インテリアがいい車みると、
インテリアって重要だなーと思いました。
今後買うときは、購入時の重要な要素のひとつとしておきたいと思います。

モーターショーは他にも車みましたが、また別途。