【カメラ】RICOH GR2が素晴らしすぎる

GR2は素晴らしい

勢いで購入

タイトル通り、調子乗っちゃってRICOH GR2を買ってしまいました。
本当はニコンのD750ほしかったんですが、
一眼レフカメラって本当に使いこなせるかどうかという不安と、
持ち歩かなくなったときに、
嫁からの批判リスクを考えて、ここは高性能コンパクトデジタルカメラという選択もありだろうという結論に至りました。

高性能コンパクトデジタルカメラって意外と品揃えが豊富。
ニコンからも出ているし、ソニーからもでているし。
RICOH GR2とどちらを買おうか悩んだのは、SONY RX100シリーズ。
調べていると、RX100シリーズが素晴らしく優秀で、
コンパクトデジタルカメラだと抜きん出ているようですね。
ただ、今自分はソニーのNEX-5Rのミラーレスカメラを持っていて、
これも結構長いこと使っていたのですが、
なんかしっくりこないんですよね。
道具感が薄いとうのもありますし、写真もなんかきれいなんだけど、
きれいなだけって感じ。
味が薄いんですよね。

んで、GR2を調べると2015年発売の機種なんですけど、
道具としてすばらしいとか、そういう評価が多くて、これはよさそうなだなと思い、
ケーズ電気へ。

実際に触って見た感じは、マットな質感で触り心地は非常に良い。
起動速度が売りのようでしたが、たしかにONにしてから、
2秒後くらいには写真とれました。

ただ、欠点はオートフォーカスですね。
ソニーのカメラはフォーカス当てたいところにフォーカス合うのですが、
GR2はちょっとおバカなようで、
適当に取っていると、あらぬところにフォーカスがあたります。
なので、道具を使いこなせるようになる必要がありそうです。

使ってみた

さて、実際に使ってみてですが、これがなかなか素晴らしかったです。
まず、コンパクトなのが素晴らしいですね。
片手でかんたんにポケットから取り出せて、
2秒後にはパシャリですからね。

ミラーレス一眼だとさすがに片手でパシャリは無理なので、
それだけでも買った価値がありました。
撮った写真もPCで見てみるとものすごくきれいでびっくり。
ソニーと同じAPS−Cなんですが、カメラでこれだけ味が違ってくるものなんだなと感心。

撮るときは、半オシしなければ、焦点距離2.5m固定で撮るように設定しているので、
スナップ写真としてとりたいときは、適当にパシャパシャ撮ることが可能。

背景をぼかしたいときは、しっかりとフォーカスしてやれば、
まぁ!きれいな写真がとれます。

たぶんD850とか使い始めたら、
うおー!半端ねー!
とかって写真が撮れるんでしょうけど、
持ち運びとの天秤である程度画質の妥協は必要。
子供が巣立って、大人だけで行動できるようになったら、
一眼デビューもありかな。

まとめ

GR2を買って大変満足しております。
今までより、何倍も写真を撮るようになりましたし、
荷物にもならなし、
写真もミラーレスよりも好きな感じで撮れるようになりました。
レンズ沼にもはまらずに済みそうですし、
ひとまず、これであと数年は戦えると思います。