レヴォーグで札幌〜函館を往復

レヴォーグで長距離を走ってみた

GWに家族で函館旅行に行ってきました。
移動手段はもちろんレヴォーグ。

札幌〜函館まで310km。
4時間強くらいの工程ですね。

GTツアラーの実力

レヴォーグってグランドツーリングカーとしての一面もあるので、
長距離が得意のはず。
なのですが、実際どうなのか。

自分のグレードはGTのカヤバです。
高速道路の場合、GT-Sのビルシュタインの方がすいつく走りができると
聞くので、そこは乗り心地がグレードによっては結構違うかもしれません。

なので、GTのカヤバでの感想になります。
まず、高速の段差は結構響きます。
ガツンと。
おしりに鋭い刺激が来る感じです。
ただ、ふわふわする感じがあるかというと、それは少ないように思います。
なので、子供は全く酔わないのが助かりますね。
レヴォーグで長距離運転するときは、
大体後部座席に3歳児を乗せているのですが、
一度たりとも酔ったことがないです。
レヴォーグは低重心で、前後左右上下の振動が鋭い系統なので、
たぶん酔わないのではと思います。
※友人の子供は車で結構酔うと聞いているので、車種の違いんも結構あるのではと想像。

ただ、運転席の座り心地が微妙なんですよね。
ファブリックシートなんですが、どうシートを調整しても
しっくりこないんですよね。
マーチに乗っていたときはそんなことは思わなかったのに。

シートが体にあっていないんだと思う。

体にあっていないので、
腰とか、背中とか、おしりとか、首とかの筋肉が張って、疲れが結構溜まりがち。
なので、4時間ぶっ通しで座っていると、かなり疲れが溜まる感じです。

たぶん、左腕、右腕をどこかに立てかけながらの運転が
できないのも大きなポイントかもしれない。
ずっと、腕を前に出してハンドルを握っていないといけないので、
それがちょっとしんどいのかも。

助手席にも少しだけ座りましたが、
あぐらを書くと助手席のドアに膝がぶつかってしまうのが、残念。
ただ、助手席に座った感じとしては、
乗り心地は悪くない。
むしろいい。
いい車に乗っている感が結構ある。

中間加速

高速道路を乗っていて、最高だなと思ったのは、
中間加速。
80kmくらいから100kmまで、
Sモードでアクセルをふかしたときのスピード感は最高です。
トルクが太いので、上り坂でもがんがんのぼっていきますし、
気持ちいいの一言。

まとめ

GTツアラーだけど、疲れるものは疲れる。
ただ、高速での運転は楽しいし、楽です。
シートをRECAROとかにしたら最高になるんじゃないだろうか。