レヴォーグのギクシャク解消方法

レヴォーグのギクシャク

レヴォーグのギクシャクというのは、いわゆる50km/h程度までの加速時に、予測できないタイミングで加減速が発生することを自分は指しています。
また、アクセルオフ時の減速も同様。
そして、このギクシャク感については試乗程度ではわからず、
長く乗っていると違和感となって現れてくるものです。
もしかしたら個体差はあるのかもしれませんが、ネット上を徘徊していても同じような悩みを抱えた方が複数人いるようですので、それなりの人数が同じような感想を抱いているのではないでしょうか。

さて、このギクシャクについては、当初はターボラグのせいなのかとか思っていたのですが、アクセルオフでも発生しているため、ターボラグが原因ではないようです。
また、その日によって調子がいいときと悪いときがあるのです。
この”その日によって調子が異なる”というのが意外と曲者でして、
必ず発生する方法があるのであれば、ディーラーで見てもらうこともできるのですが、なかなかそうもいかず。

そして、悩みに悩み続けてたどり着いた結論があります。

解消方法はずばり

”エアコンをOFF”

です。いわゆるA/Cスイッチですね。
これをOFFにしてやります。
するとあら不思議。今までの悩みが全くもって解消されているではありませんか。一番わかりやすいのはやはり低速域からの加速。明らかにひっかかりのようなものがなくなっています。スムーズに加速していきます。
そしてアクセルオフからの加速も同様に効果ありです。

レヴォーグ購入から、はや1年半。
納車されてからずっとFULL AUTOで空調を設定していたのですが、
FULL AUTOだと必ずA/CがONになっているようです。
ただその日によって、その時の気温、湿度によってエアコン自体が動作したり、しなかったりするはずで、
おそらくA/CはONなんだけど、エアコン自体は動作していないときは、レヴォーグの調子がよく感じていたのではと推測しています。
また、OFFにすると燃費も2km/lくらいは改善されているため、
やはりエンジンには負担がかかっているのだと思った次第です。
実際街乗りでエアコンOFFにすると、14km/lくらいになることもありました。

エンジンとエアコンの関係性はあまりくわしくわかっていませんが、
かなり効果があるように思います。
ただ、夏場はエアコンOFFとか無理なので、そこは涼しさとのトレードオフかもしれないです。

車を長いこと乗っている人とか、詳しい人には当たり前のことかもしれないですが、
自分的には結構な発見だったので、気になっている人はやってみてください。
※プラシーボだったらすみません。