CX-8 25S試乗した2回目

嫁を連れ出してレッツゴーmazda

CX-8をいたく気に入ってしまった私は、しぶるしぶる嫁さんを説得し、MAZDAのディーラーに向かうのでした。
子供2人を連れて、行くのでなかなかの重量感といいますか、
腰の重さなのですが、それでも自分の熱意を伝えることで重い岩を動かすことができたのです。
願えば通じる!

というわけで、マツダの25Sの試乗を再度してみたわけですが、
まずはもっかい自分が運転。

後ろに嫁と、子供たちを乗せて。

2回目の試乗も1回目と同じ感想を抱くだろうと思い、意気揚々と運転したわけですが、
後ろに嫁の目があると思うと、なんだか微妙な車だったりするのではないかという、
よくわからない感情が産まれてきて、よくわからないうちに、
なんかレヴォーグの方がよくない?みたいな感想に傾き始めてしまいました。

何がそうさせたのかわからないですが、今思えば、CX-8の方ここがすばらしいという
明確な根拠、インパクトがなかったのが大きいのかもしれません。

とりあえずドライバー交代して、嫁さんにバトンタッチ。

自分は3列目に長男と一緒に乗ったのですが、
3列目の快適性はなかなかすごかったです。
2列目がキャプテンシートのモデルだったので、まず足が延ばせます。
だらーんと。

斜めに足を延ばせして、Cピラーあたりに頭をもたれかけたらだいぶ快適に寝れそうな感じでした。

ただ一方でちょっと暑かった。
冷房がきいていなかったのかもしれないですが、なんだかよくわからないけど暑かった。

そしてちょっと狭い感じもしました。
ですが、後部座席に乗り慣れていないがための感想で、
これはアルファードに乗って、3列目に座っても同じ感想をいだいていそうなので、
CX-8のせいではないと思います。

さて、嫁さんは何やら営業の人と話しながら運転していますが、
楽しそうなのかどうなのかよくわからない。

とりあえず試乗が終わって、自分はちょっと微妙だったことを伝えて、
ディーゼルモデルに乗ってみたいというのを伝えて、帰宅。

嫁さんに感想を聞くと思ったよりも運転が楽しかったということでした。

ただ、車の大きさというか、室内の広さとかについては特に感想はなかったようで、
まぁ広いけどね。まぁ広いから何か?くらいの感想のようです。

要するに!

レヴォーグで子供3人余裕なんで、別に広い車だからって、
買い替える条件にはなりませんよってことのようです。

であれば、私ができることはただ一つ!

今と同じくらいのサイズ感で手ごろな値段の楽しそうな車に乗りかえる!

というのが妥協ラインのように思います。

ただ、車って妥協して買ってもろくなことないので、本当に欲しい車を買った方がいいのですよね。
精神衛生的にも、金銭的にも。

コロナで今後どうなっていくかわからない状況で、
車の買い替えなんてなかなか難しいわけで、ただ、それでも買い替えを妄想したいわけで。

車って悩む趣味だわ。