ハイオク+アルミテープチューン+添加剤の3連コンボ

white and brown city buildings during daytime

5年でたどり着いた境地

レヴォーグ1.6Lはレギュラー仕様ですが、
そこにハイオクを入れてみましょう。

わずか数百円です。ケチらずにガンガン入れちゃいましょう。
そして可能ならワコーズのガソリン添加剤も入れちゃいましょう。

そしたらあら不思議。
今までの挙動が嘘のように滑らかに走り出すではありませんか。

そしてさらにここにアルミテープチューンを施しましょう。

アルミテープチューンはどこのメーカーのものを使うかで効果が変わるとかっていうのも良く聞きますが、
正直よくわからないので、自分でググってみましょう。

自分はニトムズと、3Mのダブル使いでエンジンルームに張り付けています。

アルミテープチューンはオカルトだとかっていう話も聞きますが、自分はオカルトではないと思っていて、
トヨタも特許取るくらいなので、それなりに効果があるアイテムなのだと思っています。

なので、ガンガン貼り付けましょう。貼り付けて損することはないです。(テープ代は損するけど)

そしたらまたまたあら不思議。もうこれ2.0Lのレヴォーグですか?
ガンガン踏み込めちゃう2.0のレヴォーグですか?
状態になります。

約5年間毎日乗り続けてきたヘビーレヴォガーが言っているのですから間違いないです。
騙されたと思って、アルミテープチューン+添加剤+ハイオクの3連コンボやってみましょう。

ちょうどレヴォーグ1.6Lも新型レヴォーグのおかげで値崩れしていると思うので、
購入した人はやってみるといいですよ。